最近聞かない「裁判員制度」のこと

最近聞かない「裁判員制度」のこと

最近は裁判員制度のことを聞かなくなってきています。このことは、それだけこの制度に慣れてきたといったこともあります。この制度が始まった当初はいろいろと議論を読んだりしていましたが、今はそれほど話題になることはなくなってきています。やはり人は慣れてしまうものといったことがいえるのでしょう。

今でももちろん、この制度は実施されていますので、誰でも裁判員になる可能性があるという状況にあります。そういった意味では可能性はあるということは知っておいた方がいいでしょう。

この制度のことについては、議論をしてもなかなか答えのでないことですから、特別な問題がおこるまでは現行のままいくしかないといったことになるでしょう。裁判員制度のよしあしは誰にも判断をすることはできません。もともとこの制度は昔の裁判において、あまりにも民意を反映していないものが出るといったことから出てきた制度でもありますから、なかなか制度を批判するのも難しいものがあります。

この裁判員制度は重大な裁判について行われるのですが、これも裁判員の精神的負担になるといったようなこともよくいわれていました。では、負担にならないレベルの裁判を裁判員制度にすればいいのかというと、それでは、この裁判員制度をつくった根本の意味がなくなってしまいます。この制度は重大な案件において、司法判断があまりにも民意とずれているといったことからはじまっていますから、重大でない案件を裁判員に任せても意味はないとなってしまうのです。

この制度の難しいところは、望んでいない人が裁判をしなければならないところにあるといえるかもしれません。裁判員制度では選ばれると強制的に裁判員にならざるをえませんから、そこに問題があるのかもしれません。

ですが、人は慣れといったこともあるので、この制度が時間が経って浸透していけば、それがあたりまえということになって、それほどの精神的負担にならないようなことになるかもしれません。裁判員は自分だけではなく、複数の人でやりますし、裁判官も同席での判断ですから、そんなに無茶苦茶なことを決めなけらばならないといったことではありません。自分の信じること、考えのもとに判断をすればいいことです。時間が経っていくと、どんどんと前例も増えていきますので、参考になるような事件も増えていくことになり、だんだんと考えをまとめやすくなっていく可能性もあるかもしれません。

更新情報・お知らせ

2014/06/17
カテゴリ近日中に更新予定。NEW

お気に入りサイト

ベビー服を楽しく選べる通販サイト
人気のブランドからかわいくておしゃれなベビー服までたくさんのあるので楽しく選べます。

SMSサービスで出来ること
着信率・送達結果精度がスゴイ!海外キャリアの端末への送信も可能

保育士で求人は【アートチャイルドケア】で
育児中の方も働きやすい制度があります

退職祝いで喜んでもらえる
オーダーメイドで大切にお作り致します

会計事務所の求人って難しそう
仕事を楽しみたいという方にはきっと向いています

↑ PAGE TOP